FC2ブログ

にゃん○の暇人的CDレビュー

Dance,ElectroのCDレビューを主にやっていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Karma Karma
Delerium (1997/04/22)
Nettwerk
この商品の詳細を見る




Deleriumの9thアルバムで、最高傑作と名高い作品です。

タイトル:Karma

10thアルバムからPOPな方向性に変わったDelerium。
インスト主体最後のアルバムです。
CD全体のイメージとしては、邪教、祈り、異界でしょうか。

聴くにあたり、かなり雰囲気を要求される音楽だとおもいます。
朝聴いても夜聴いてもイマイチ、一番いいのは雨で薄暗くなった
夕方時に聴くのが一番よいでしょう(因みに今日がそのような日でした。

自分がもってるのはNettwerkさんの一枚組みとSPVさんのBonusCD付の二つなんですが、
AmazonさんにはBonusCD付売ってないみたいなので、一枚組みのほうを
レビューします。

そしてこれはDeleriumの最新情報なのですが
10/3にKarma路線を継承したアルバム、"Nuages Du Monde"が発売されるみたいです。

Karmaを聴いて気に入った方は是非購入を。

それでは各トラックのレビューへ↓
01 Enchanted

初っ端からダーク、ダーク、ダーク。

最初は子供が遊んでいるような声と音がするサンプルが遠くで鳴っている中で
暗い水の底にる錯覚を覚えるようなサウンドが鳴ります。
このフレーズが消えると、民族系ストリングス、打楽器に子供の声のサンプル。

中盤から女性のボイスサンプル二種類が入り、しばらくするとKristy Thirskのvocalが絡んできます。

あとは既出フレーズの繰り返し(民族系の笛が入ったりして多少違いますが)です。

オドロオドロしさ星5つです。vocal部は美しいですけど。
美しさと怖さを併せ持つのがDleriumのいいところですね。


02 Duende

最初にパイプオルガンのフレーズが入り、そのあとキレイなシンセに男性の民族宗教的なサンプルボイスにドラムという
なんとも奇妙な出だし。

Camille Hendersonのvocal入りますが、聴いて欲しいのは
ボイスサンプルとの調和でしょうか。
かなり上手く融合されています。

最初を除けば明るめな曲調、M1とで±0


03 Twilight

綺麗な曲。民族系サンプル、楽器入りますが、それでも綺麗。

シンセメインで途中にウインドチャイムやらピアノやらが入ります。
ピアノはメロディありますがウインドチャイムはSE的使い方(まぁあたりまえですがね


04 Silence

シングルでも出ているのにそのままアルバムタイトルになってしまうくらいの大作。
恐らくDeleriumのファンの中では一番支持されているのではないでしょうか?

vocalはSarah McLachlanでこれといって突出した構成はしてないのだが
一回聴いたら絶対耳から離れません。

使っている音はピアノ、ギターにシンセくらい。あとは細かいのがいくつか。
うーん、良作。


05 Forgotten Worlds

最初にいきなり鐘の音、そして民族系打楽器、笛が入ります。
インド系の楽器がオモシロイですね、プーンギーとかいいです。

途中から入るボイスサンプルの使い方が凄くカッコイイ、儀式的な雰囲気をかもし出しています。
シンセの音も音質は洗練されてるんですが
エフェクトがほとんどかかってないところが○


06 Lamentation

民族系笛(バンスリかな?)、弦楽器()とボイスサンプルの融合。
途中に入る不思議なシンセメロディが印象的。8:34とまぁまぁの長さだが
長さを感じさせない癒し感があります。

そしてこれは某所からの転載ですが
この曲は映画[最後の誘惑]メインテーマThe Feeling Beginsのアレンジみたいです。
うーん、原曲も聴いてみたい。


07 Euphoria (Firefly)

Jacqui Huntがvocal。
Silenceと同じ路線ですが曲調は逆でダウナー哀愁系(Silenceはアッパー哀愁系とでもいいましょうか

歯切れの良いシンセ音とDelerium得意の和音を使わないピアノが印象的。
CDの雰囲気で考えれば管理人的にはSilence<Euphoria


08 Remembrance

珍しくグリグリシンセを多用してる曲。
あとはいつもの民族楽器オンパレード。

イメージは儀式。


09 Wisdom

Kristy Thirskがvocal。どこかクリスマスソングと被る曲調なのに
こういう曲になるのはスゴイとおもいます。

ウインドベルのSEや和音無しピアノなど細かい芸が多い一曲。


10 Window To Your Soul

前半はダークですが、中盤から明るい曲調へ
特に突出したところではないですが
ラスト一歩手前に曲調変化のある曲はとても合うと思います。

因みに初回プレス盤だと代わりにKoranという曲が入っています。
↑超レア物です。


11 'Til The End Of Time

女性ボイスサンプルが素敵すぎる。
もちろんvocalのKristy Thirskもよいのですが
それ以上にボイスサンプルが強烈すぎました。

曲調は普通にシンセ混じりのPOP物。
最後は大人しく終わってくれます。



後書

一枚組みをレビューしたのは実ははじめてでした。
早く終わってしまったので「アレ?」という感覚を覚えました。
Newageは感覚的な音楽が多いので、イメージや文字数が伸びません。
なので知識面で明らかに誤魔化し入ってます。
でも精一杯レビューしたつもりなんで悪しからず(9/1:手直し


次回予告

そろそろマイナーなのもやってみたいですが
まだメジャーが出揃ってないので再びメジャー。
BTのESCMをレビューしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nyancd.blog60.fc2.com/tb.php/5-407e3e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。