FC2ブログ

にゃん○の暇人的CDレビュー

Dance,ElectroのCDレビューを主にやっていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Global Underground: Ibiza Global Underground: Ibiza
Sasha (1999/12/21)
Global Underground
この商品の詳細を見る




シリーズ中一番の傑作。天才SashaのMIXCDです。

タイトル:Global Underground : Ibiza

Global UndergroundというMixCDシリーズの中で最高売り上げを記録したもの。
場所もクラブイベントの大御所イビサ島(イビサ島についてはこちら
というだけあって気合入った内容となっています。

もともとライヴ音源なのでプチプチノイズも入りますが、
綺麗に聴き入るCDではなく、踊るため(家ならノルため)のCDなので
多少ジャンクな感じも雰囲気でててよいかんじです。
枚数は二枚組みで、Sasha本人の曲も入っており充実した内容となっております。

因みに予告を無視した理由は、全曲レビューしてるサイトが見当たらないので
珍しいとおもい、やってみました。

それでは各トラックレビューへ↓
DISK1


01 Raff & Freddy - Deep Progress

MIXCDで大切な出だしの一発目。

誰もいない外国の地下鉄のホームにいるようなアンダーグラウンドな曲。

最初の空洞感のあるメロディから少したつとビートが入ります。
透明感の高いダウナーなシンセメロディに重低音の味付け、時々キメルSEがカッコイイです。

中盤でブレイクがありますが、音が少々増えたもとの曲調に戻ります。

好調な出だし、これこそIbiza及びSashaクオリティ。


02 MRE - The Deep Edge

篭り気味のシンセに奥のほうで聞こえるドラムにクラップが絡み、そこに民族系のローテンションボイスサンプルが入ります。

2:42と短いのでM1とセットで考えるのがよいかもしれません。
というかこういうものは一枚で一曲と考えるのが定石なんですけどね;;。


03 Resistance D - Feel High (Humate Mix)

タイトなドラムパートに軽い浮くようなシンセ、民族系女性ボイスが入ります。
ボイスのディレイっぷりが素敵。

まだagaりませんが、ここらでだんだんノッてきますよ。


04 Dominica - Real Time


M1~M3とは一転してイメージの違う曲。
今までが地下だとしたらこの曲のイメージは虚空でしょう。

耳の近くで鳴る音がSEとドラムパートしかなく、
他の音は全てかなり遠くで鳴っている感じがします。

mix後はかなりイメージ変わります。


05 Medway - The Baseline Track

前半すぐにドラムロールのあと早くもブレイク。
前曲の感じを断つためで、中盤から機械的なボイスサンプルにキンキンのシンバルという軽い曲調へ変化。

そのあとは厚い重低音にSEがいくつか絡み、透明感のある構成へ。
mixは上出来で、違和感なく次トラックへ移行します。


06 Sander Kleinenberg - My Lexicon

かの有名なSander Kleinenbergの名曲MyLexicon。

前半のリバースシンバルから前の曲調からガラッとかわり、
タイトで純白なプログレトランスに突入。
ブレイクで入るフランジャーが効いたSEが効果的。

多少後で紹介するXpanderの類の曲です。
Xpander好きな人は好きですねコレ(というかXpander嫌いってなかなかいない


07 Orbital - Nothing Left (Breeder Remix)

きました、テクノ四天王の異名を持つうちの一人OrbitalのNothing Left
Remixですが原曲の魅力はタップリ。

エスニックなイメージを受けるボイスサンプルが、
曲調もどこかオリエンタルで神聖なイメージになります。

ブレイクからはボイスフレーズも変わり、鍵盤打楽器(シロフォン系の音)の軽い音も入るのでさらに神聖な曲調に。

mix後はバリバリのプログレッシブトランスに


08 Christian Smith & John Selway - Move!

"動け!"
なんだか繋ぎのような曲なのに曲名マッチしません。
どっちかというと"備えろ!"でしょうか。

一本調子で、後半のコンガ系リズムが結構印象的。


09 Jimpy feat. Sarah - Talkin (Tarrantella vs. Redanka Remix)

GOAですね、ゴアゴアなGOAです(意味不明
アーティストの方は詳しく知りませんがイスラエル系な気がします。

王道ではありますが聴き応えのあるGOAで
民族系楽器の使い方が印象的。

奇妙な雰囲気漂っててGOODです。

mix後はイメージガラッと変わります。


10 Space Manoeuvres - Stage One (Pariah Remix)

ここからがトリ。

落ち着いたBreaksの前半の曲調もさることながら中盤からの四つ打ちにタイトなシンセのフレーズも素敵。


11 Sander Kleinenberg - Sacred

[Sacred]"神聖な"
このイメージがタイトなシンセメロディと
前半のブレイクから入るボイスサンプルで見事に醸し出されています。


12 Natious - Amber

[Amber]"琥珀"のイメージに合うのかどうかしりませんが良い曲です。

珍しい音はなくシンセとSEで構成されたプログレトランスですが
前半のブレイクのあとドラムロールが入り、音もすこし増えて終わりを勤めるような曲調に。

最後はフェードアウトで終了。フェードアウトする終わり方が好きな人は必聴の展開。



DISK2


01 BT - Fibonacci Sequence

BTのMoovment In Still Lifeのボーナストラック収録曲のMix違い。
R&Rのほうでもレビューしましたが、かなり違うので聴き応えありです。

中盤のブレイクでDARKな明るい曲調へ。ここからは曲調が一気にアッパーに
スクラッチ部分が魅せ所です。とてもカッコイイ。


02 Paganini Traxx - Zoe

ageる曲です、徐々に上がります。
M1はBREAKBEATSだったので四つ打ちになり、かなりノれます。
もしフロアだったら、手を頭上に上げてコールを送りたくなりますね

後半のブレイクからは、飛翔感のある構成に。


03 Cass And Slide - Perception

変わった音と曲調のDEEPなプログレトランス。よく言い表せませんがかなり良作。
Global Undergroundシリーズはこういう風変わりな曲多いですね。


04 Pob - The Fly

民族系弦楽器(なんだかはわかりませんでした)と民族系SEの音が
印象的。そこに高めのシンセが入る展開部が好き。
中毒的な曲。Xpanderとのmixが素敵。


05 Sasha - Xpander

Sasha伝説の名作。これは最初原曲のほうでレビューしたかったな。
原曲よりBPMが少し上げられています(他とのバランスの関係で

これといって語らなくても名作だとわかる一曲。
百聞一見にしかずってところでしょうか。
DISK2が豪華にみえるのはコレとM7,10の影響かもしれない。


06 Bluefish - One

Xpanderの荘厳なイメージをガラッとかえ、自然系のさわやかな曲へ。
そのあとダウナーなトランス、そしてM7につなげる曲調へ
間に挟む曲としてかなり重要な位置になるが、ラストのメロディはかなりキレイ。


07 BT - Mercury And Solace

個人的BT歌物最高傑作の片翼。Sunblindとは対照的なイメージです。
ただでさえ美しいのにvocalがJan Jhonstonとくれば管理人はそれだけで昇天。

原曲よりvocal少なくクラブ寄りですがその存在感は依然健在。

後半のブレイクのソロ歌声がまた綺麗。
Disk2で一番盛り上がりどころでしょうか。


08 Acquilla - Dreamstate (LSG Mix)

中盤までM7がmixされています。
mixされている部分がほとんどですが、凄くマッチしてるのが違和感なくて芸術的ですね。


09 Junkie XL - Future In Computer Hell (Part 2)

踊れる曲。
中盤のブレイクでキレイな旋律入りますが、それ以外はガチガチゴテゴテのアングラトランス。

イメージ的には機械の蜘蛛が金属的な迷路のなかで追っかけてくる感じですかね。


10 Bedrock - Heaven Scent

前半はシンセと時々入るドラムロールでノリノリ。
中盤のブレイクからは天国の香りがします、曲名通り。

最後はザラザラした荒削りのカッコイイシンセが絡んで
フェードアウトで終了。ご馳走様でした。




後書

Global undergroundシリーズは隠れた才能を発掘された
マイナーアーティストさんの曲が多いので
ほぼ感覚的レビューになってしまいました。
もっと奥深い知識が欲しいです。精進、精進
それではまた次回(10/29 手直し


次回予告

次こそDeleriumのKarmaレビューします;;
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nyancd.blog60.fc2.com/tb.php/4-97e2c578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。