FC2ブログ

にゃん○の暇人的CDレビュー

Dance,ElectroのCDレビューを主にやっていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EP7 EP7
Autechre (1999/06/22)
Nothing/Warp
この商品の詳細を見る




白の悪魔Autechreの6thアルバム。

タイトル:EP7

IDMの雄、WARPレーベル所属のアーティストAutechreの6thアルバム(EPですが
中身は彼の十八番の無機質IDMが詰まっていて聴けば聴くほど味が出てきます。

構成はUnmixedでブックレットはジャケットの画像のような線のみのアートが数ページ、
CDのレーベル面は真っ白というある意味凄い装丁です。

初心者にはあまりオススメしませんが、ある程度APHEX TWINなどでIDMの音色にも慣れてきた方には
絶対にオススメ、長く(永く?)聴ける一枚です。

それでは各トラックレビュー↓
01 rpeg

ピチャピチャと水遊びしてるような音がビートを刻み、
変な電磁波でも浴びてしまったんじゃないかと思うようなシンセメロディが鳴り響く。

全体的な曲のイメージは"金属ゴミの山"、崩れ去ると同時に金属同士が擦れ合い、
嘆くようなメロディを奏でる。そんな感じです。


02 ccec

音飛びしてるような男性ボイスにダウナーでDEEPなメロディが絡む。

一本調子です、聴き流すように聴くのが吉。
まともにリスニングしようとすると疲れてしまうような曲調。


03 squeller

金属質なビートに、奇妙だけどどこか和めるメロディが絡みます。
そしてラストのピコピコビリビリ演出がとても面白い。

一面アイボリーの柔らかい壁の空間に自分が1人でいるような感覚を受けます。


04 left blank

タイトなベースにひたすらダウナーでやる気のなさそうにピコピコピリピリ。
ノイズがかった空洞音などの細かい変化がよい感じ。

後半の脱力感はヤバイです。


05 outpt

ノイズがかったタイトなドラムにうなりのようなシンセ音。
一本調子で特に筆頭すべき点無し。


06 dropp

ダウナーなシンセメロディに途中からくぐもったSEが入る。

3:16のショートトラックなので特に展開もなく一本調子。


07 liccflii

ぼやいているような音色のドラムにエッジの効いたIDM特有のメロディ。
中盤からはノイズ混じりになり、よりDEEPな展開へ。

M5,6,7は三つ繋げてセットのような曲調かもしれません。


08 maphive,6,1

野性味溢れるトライバルなドラム郡を、奇怪なIDMメロディで巧く調理した一曲。

ブレイクはかなり催眠的で、思い出したかのようにドラムが戻ってくるような展開がとても気持ちよいです。

最後のフェードアウトの仕方も凝っててよい曲だと思います。


09 zeiss contarex

邪悪な意思のノイズの嵐といった感じ。

前半のビリビリバリバリな曲調もいいですが、後半の何かが起動するような音に
DARKな女性ボイスが繰り返されるフレーズが素晴らしい。

世間のEP7の評価ではあまり取り上げられませんが、個人的にかなりお気に入り。


10 netlon sentinel

前半はマッシヴなドリルンベース、中盤からはそのドリルベースに
ダウナーでDEEPなシンセメロディやピコピコ音などが入ってきて割とにぎやかになる。

ブツッといきなり音が切れる曲の終わり方も独特。


11 pir

郷愁感あふれる音が四散するようなつくりのメロディに、
水面を叩く音から作った(らしい)ドリルベースがのります。

刻々と表情が変わっていくメロディに対して、まったく表情を変えず、機械のように鳴り響くドリルベースが
対照的で不思議な感覚を受けます。とても面白い。





後書き

喉が痛い・・風邪気味みたいです。
どうか耳のほうまでばい菌の痛みが来ませんようにーー。



次回予告

Delerium新譜とみせかけて、何かマイナーなので一枚やります。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nyancd.blog60.fc2.com/tb.php/24-506dad65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。