FC2ブログ

にゃん○の暇人的CDレビュー

Dance,ElectroのCDレビューを主にやっていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Solaris Solaris
Photek (2000/09/11)
Science
この商品の詳細を見る




サムライ"Photek"の実験的作品。

タイトル:SOLARIS

D'n'Bにおいて有名であるPhotekがこれ以前の直球D'n'Bとは違い、
Breakbeatをベースに様々な曲調のものを詰め込んだ一枚。

全体的にアングラ風味でダウナー、構成はMixed。
そして十八番である純粋なD'n'Bは一曲しか入ってない。
高速で直球ageなD'n'Bを期待していると肩透かしを喰らうが、Breaksの詰め合わせと考えれば良い作品です。

因みに彼のCDでのリリースはこの作品と、シングルカットを最後に途切れています。
もしかするとCDでは最後の一枚かもしれないと考えると、そういう意味でも貴重な一枚です。

それでは各トラックレビュー
01 Terminus

重低音に重心を置き、ストイックな曲調に仕上げたJungle。
中盤からはシンセや色々なSEが入ってくるが、ストイックイメージは変わらず。
全体的にソリッド(男性的)な曲です。


因みに飛行機の飛び立つSEが曲名を強調しているが、曲調そのもので"Terminus"は感じられない。


02 Junk

こもったようなベースにダーティなシンセが非常に"Junk"感を感じさせる。

ボイスで"Junk"とも入ったりする直球な表現方法も取り込まれてるが
やはり曲調で感じさせるのがプロの仕事だと思います。

全体的な雰囲気はM1とほぼ同じ。


3 Glamourama

つぶやくような女性Vocalにアングラ曲調なDawntempo。

空を切るようなSEが少しずつピッチをあげられていき、あがりきったところでブレイクし、
何事もなかったかのようにもとの曲調に戻す技巧がよい。


04 MINE TO GIVE

ファンキーな男性vicalを担当するはRobert Owens、M5も同じ方です。

コーラスの効いた跳ねるようなシンセに低音の中速リズム。
四つ打ちのフレーズもあり、かなりハウシーでカッコイイ。


05 CAN'T COME DOWN

超低音の2stepに高音のドラム、そしてM4同様ファンキーなvocal。
要所で入る波の音のSEや綺麗なシンセフレーズが秀逸です。

M4,5はPOP色が強いので門外漢な方でも心地よく聴けると思います。


06 INFINITY

本作唯一の純粋D'n'B、そういうこともあってかなり作りこんでます。

全体的にダウナーでDARKな曲調の中に綺麗な高音シンセパッド。
ブレイクもしっかり手が込んでいて飽きさせない流れになっている。
そしてひたすら繰り返される女性ボイスが"Infinity"感を感じさせます。


07 SOLARIS

表題曲。

宗教音楽のような神々しいシンセにBreaksのリズム。
これだけが5分強延々と続くのですが、何故か素晴らしく感じてしまいます。

ジャケットイメージにピッタリ。


08 AURA

47秒の幕間的トラックで、高音で広がりのある綺麗なシンセが続くだけの曲。
ラストの鬱系ダウナーの3曲に繋ぐような曲調。


09 HALOGEN

恐ろしくダウナーでDARKな一本調子のインストBreaks。

錆びた鉄の箱に閉じ込められて、海の底へと落ちていく感じです。
本能的に恐怖を感じるが聴き入ってしまう曲です。


10 LOST BLUE HEAVEN

M9に似てるけど受ける感覚は対極といった感じの曲。

構成は低速なBreaksリズムにスピリチュアルな女性vocal。
なんだか天に召されるような感覚を受けます。


11 UNDER THE PALMS

生気が感じられない曲、一言でいうならば"意識のまどろみ"

低速のリズムに実態のないものが吼えてるようなエッジの効いたシンセ郡が鬱雰囲気をかもし出しています。

ラスト三曲は聴く時の心情や雰囲気をかなり要求します。
ピッタリ合えばかなり気持ちよいです。





後書き(独り言

肩が痛いです、とんでもなく。右の肩なんですが、なんか感覚的には肩甲骨にはさまれてるような・・・
あとDeleriumの新譜キャンセルして他業者に依頼しなおしました。
ってことでレビュー遅れそう・・申し訳ないです。


次回予告

Autechreのアルバムの中でどれかをチョイス。
というか本当に肩痛い・・orz
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nyancd.blog60.fc2.com/tb.php/23-37c21ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。