FC2ブログ

にゃん○の暇人的CDレビュー

Dance,ElectroのCDレビューを主にやっていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
In Sides In Sides
Orbital (1997/03/21)
Uni/Mercury/Polygram
この商品の詳細を見る




知的なAmbientTechno決定版。

タイトル:In Sides

Orbitalの4thアルバムでECOを題材の一部にした作品。
ブックレットに原子力発電のことを書いたり、M1をソーラーパワーでレコーディングしたということを主張する写真があったりする。

曲の方は基本TechnoでAmbient混じりのトラックもあるといった感じ。
そして全体的に知的でDEEPなので、ノリの良い曲を求めてる人にはちょっとオススメできないです。
Orbitalをまず聴きたければ"Orbital2"または"Blue album"がオススメ。

多数のレーベルでリリースされており、ボーナスディスクもいくつか種類がありますが
ここでは映画"Saint"のメインテーマや、そのRemixが収録されてるものを紹介します。

それでは各トラックレビュー↓
DISKA


01 The Girl With The Sun In Her Head

ジャケットに写真が載っているとおり
太陽電池でレコーディングされた曲。

曲のほうはまったりとしたDawntempoで、聴きだしにちょうどよい。


02 P.E.T.R.O.L

WIPEOUTというゲームに使われた楽曲、WIPEOUT XLに収録されています。

曲はBreaksのゴリゴリTechno。
かなり攻撃的な曲調で、ソリッドなシンセがカッコイイです。

因みに本作とは関係ないのですがWIPEOUTのサントラは
天下のTechnoアーティストが勢ぞろいしていて、
ハイクオリティな楽曲が揃っているので、そちらもオススメです。


03 The Box(Part 1)

知的で幻惑されるようなAmbientTechno。

妖艶なオルゴールの音色を中心に据え、タイトで落ち着いたドラムで飾っています。
途中からシンセ音など入りますが、基本的にPart1は落ち着いた曲調。

これもビデオクリップを見るとわかるのですが、環境を意識した曲。
因みにビデオクリップは目まぐるし過ぎる現代をイメージした作品です。


04 The Box(Part 2)

M3とのセットの曲。Part1と比べ、DARKな曲調に変化している。

ストリングスとシンセを主に据えてDARKなパッドも入る構成。
ビートがはっきりし、何か色々伝わってくるものがあります。


05 Dwr Budr

タイトルの意味はウェールズ語で汚水、Dwrが[水]で、Budrが[汚い、不正な、乱雑な]などの意です。
そう見るとこれも環境を意識した曲といえます。

曲のほうはドロドロとしたイントロから始まり、
曲名とはうって変わって女性ボイスが絡む綺麗なAmbientTechnoへ。

中盤のブレイクからはまさに"汚水"のイメージの曲調へ。
ダーティなパッドがいい感じ。


06 Adnan's

タイトで乾いたビートに現代Electronicaばりの綺麗でダウナーなメロディが絡みます。

中盤ブレイクの空間系音響処理が素敵。
個人的なイメージは料理店の裏にあるようなドラム缶のゴミ箱。


07 Out There Somewhere Part 1

DARKなAmbientTechno。
中盤のLUSHっぽいシンセフレーズと最後のミステリアスなメロディが素敵。

Part2に続く、、、


08 Out There Somewhere Part 2

M7ラストのミステリアスな曲調から始まり、催眠的な曲を展開します。

ラストはこれじゃおわれないかなぁといった感じの曲調、
もう一曲欲しいところです。



DISKB


01 Satan (Industry Standard)

映画"SPAWN"に使われた楽曲。原曲は1stで既に収録されています。

曲のほうは超Acidで攻撃的な曲調。
威嚇するように吼えまくる男性ボイスが凄いです。


02 Satan (Live in New York City)

SatanのLive版、全てのLive版に言えることですが
クラウドの声援が入るので臨場感を味わえます。

あと原曲よりダビーな感じになってます。


03 The Saint

映画"Saint"のメインテーマ、恐らくだれもが一度は耳にしたことがあると思います。

グルーヴィーなベースにファンキーで有名なメロディー、
案外皆さんがいつも耳にしてる曲の中にこういうものもあったりします。


04 The Sinner

SaintのRemix。
フロア向けにチューンされていてる。


05 Halcyon (Live)

HALCYONのLive版。
後半にvocalが入ったり、曲の進行が違っていたり
原曲と違う点が多々ある。





後書き
Orbitalの作品で一番好きなアルバムでした。
時間さえあれば全部レビューしたいんですがね。
セイシントトキノヘヤガホシイデス・・・


次回予告
APHEX TWINの作品のなかからどれかをレビューしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nyancd.blog60.fc2.com/tb.php/16-dae9fade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。