FC2ブログ

にゃん○の暇人的CDレビュー

Dance,ElectroのCDレビューを主にやっていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Selected Ambient Works 85-92 Selected Ambient Works 85-92
Aphex Twin ()
Pias
この商品の詳細を見る


Aphex Twinの評価を不動の地位に高めた一作。

タイトル:Selected Ambient Works 85-92

1985~1992までの彼の作品を集めたもの。

タイトルにAmbientとあるが、実際ビートのあるものが多く環境音楽とはいい難い。
だが作品自体はとても秀逸で、この一枚がきっかけになって新たな様々なジャンルが開拓されたといっても過言ではないでしょう。

また収録された作品の中で一番初期の作品は彼が14才の時に作られたものです。
まさに天才と呼ぶに相応しいです。

初期のものは音質面で少し難があるが、それを考慮しても
絶対聴いておかなければならないアルバムの一つであるといえます。

それでは各トラックレビュー↓
01 Xtal

今でもアンセムといわれ続けている傑作。
ノイズや篭もりが気になるが、傑作であることに間違いは無い。

女性のボイスサンプルにD'n'B風のビート、そこにシンセフレーズのループというシンプルな構成だが
素晴らしい神々しさを感じる。


02 Tha

淡々とした土曜日の午後のようなメロディに
遠くで話してるようなボイスサンプルが入ります。

日常感が素敵な一曲。


03 Pulsewidth

ここらへんから音質が飛躍的に改善されてるのがよくわかります。

明るめのAmbient、シンセメロディがとても綺麗です。
あとはM2と同じく遠くで鳴るSEとボイスサンプルがセンスを感じます。

彼のAmbientは遠近感をうまく使うボイスサンプルやSEが素敵だと思う。


04 Ageispolis

虚空感、虚無感がすばらしい曲。ピコピコ音を巧く使い、それらのイメージを巧く作り出している。

目を閉じるともうなにも無い青空と大地しか思い浮かびません。


05 I

インストですが宗教音楽に近いものがあると思います。
1分ちょいの曲ですが、神々しさが伝わってきます。


06 Green Calx

こういう曲を仮にも"Ambient worlks"とタイトルにあるのに
入れちゃうところが彼の天才で変態と言われる所以なんだと切実に思う。

結論からいって環境音楽とはいいがたいですね。
レゾナンスがギンギンに効いてるシンセ、SEが超アシッド。

かなり退廃的で破壊的な曲です。


07 Heliosphan

ダウナーなBREAKBEATS。音色はAmbient。
普通にフロア向けの曲です。

彼独特の味は出ていると思います。


08 We are the music makers

ほとんどドラムパートとシンセのみというシンプルな構成。

ですがゴワついた重低音が催眠的な効果を与え、たった一回のボイスサンプルからの
変化が効果的で飽きさせずに聴かせてくれます。

わりとおとなしめの曲。


09 Schottkey 7th Path

イメージは軽い悪夢。

時を刻むような金属音に暗いシンセフレーズ。
ですがどこかメランコリックな一曲。

これもおとなしめ、眠れます。


10 Ptolemy

音の広がりや音色はAmbient的ですが
メロディそのものやノリはHouse的。

ブレイクからの浮遊感が素敵。


11 Hedphelym

イメージは生物が一切いない海中。

キンキン耳につく音が多い曲でかなり無機質。
四つ打ちのビートだけが厚い音であとは全部尖ってるといってもよいでしょう。

私的にかなり好き、虚無感がたまりません。


12 Delphium

コンガ系を中心においたリズムにゆったりとしたシンセメロディが絡み、
早朝の密林のようなイメージ。

ビートも弱めで"I"を抜けば本作では一番大人しく、
いつのまにか終わってしまう曲。


13 Actium

超マッシヴなビートに現代Electronica(狭義)のような音が気持ち良い。
ラストだからなのか、わりと変化もなくおとなしめ。すんなり聴き終われます。
最後の低音部をいじる細かい細工が好き。

もはやAmbientと呼べる代物ではないが溢れる才能を感じます。






後書き

彼の作品のレビューは結構むずかしい;;
なぜかといえば、1stからアルバムは全て聴きましたが
彼の楽曲はまだ理解できないものもあるからです。

あと何年聴けば彼を真に理解できるのだろうと心待ちにしてます。
日々精進・・・


次回予告

イギリス政府に対して問題を投げかけたといわれる一作
Orbitalの"In Sides"をレビューしたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nyancd.blog60.fc2.com/tb.php/11-9d0f8603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
Selected Ambient Works 85-92
エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスの1stアルバムにして、彼の評価を不動のものにした1992年の代表作。それまでシングルで見せていたハードコア路線から一転、美しく穏やかなエレクトロニック・ミュージックが全編にわたって収録されている。当時、未
2006/11/15(水) 20:23:51 | 1-kakaku.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。